初心者でも1日でPHPプログラミングを学習できる1日集中セミナー。

8.2 変数を使って計算をしよう

変数を使って計算をしよう

8.2 変数を使って計算をしよう

 プログラムにおいて、変数を使った計算ができることは大きなポイントです。それによって、いろいろと変化するデータに応じた処理を行うことができます。

8.2.1 変数を使って計算する仕組み

 変数を使った計算を行います。

凡例:変数を使って計算を行う

変数の値を利用して計算を行うプログラム

 変数に格納された値を使って計算を行い、その計算結果をWebブラウザに表示して確認してみましょう。

ソース・フォルダ:myproj_super_intro/ch08
ファイル名   :useVariavleCalc.php
アクセスURL   :http://localhost/myproj_super_intro/ch08/useVariavleCalc.php

➢ useVariavleCalc.php

<?php
	$num1 = 49;
	$num2 = 7;
	$ans = $num1 / $num2;		//$num1と$num2の値で割り算
?>
<html>
	<head>
		<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">
	</head>
	<body>
	<?php
		echo '$num1 = ' , $num1 , '、$num2 = ' , $num2 , '<br>';
		echo $num1 , ' / ' , $num2 , ' = ' , $ans , '<br>';
		$num2 = $num2 + 1;		//$num2の値に1を足した結果を$num2に再代入
		echo '$num2 + 1 = ' , $num2;
	?>
	</body>
</html>

実行結果

解説

 まず2、3行目では、計算で利用する変数を用意しています。

   2:$num1 = 49;
   3:$num2 = 7;

 続いて4行目で先ほど用意した変数の値を利用して割り算を行い、その結果を変数$ansに代入しています。
 変数の計算で重要なポイントは、変数の値を計算に使用しても変数の値がなくなったり影響を受けて変化したりしないことです。あくまでも変数の中の値を参照し、その数値をコピーして計算を行うという動作になります。

   4:$ans = $num1 / $num2;     //$num1と$num2の値で割り算

図 8.2.1 変数同士の計算結果を代入

 12行目の記述で、4行目の割り算で使用した変数の値が割り算の影響を受けていないことを確認するために画面に表示させています。実行結果を見ると、最初に設定した値「49」と「7」が正しく表示されていることがわかります。

   12:echo '$num1 = ' , $num1 , '、$num2 = ' , $num2 , '<br>';

 13行目では変数を使った計算結果$ansを画面に表示しています。こちらも「49 / 7」の正しい計算結果「7」が表示されていることが実行結果から確認できます。

   13:echo $num1 , ' / ' , $num2 , ' = ' , $ans , '<br>';

 14行目では$num2の値に1を足した結果を、同じ変数である$num2に代入し直しています。代入し直すという処理を行っているため、当然$num2の値は新しい計算結果の値に変更されます。

   14:$num2 = $num2 + 1;    //$num2の値に1を足した結果を$num2に再代入

 以下の図6.2.3で13行目の配列の要素を参照する処理イメージを例として示します。

図 8.2.2 計算に使用した変数に計算結果を代入

 15行目では変数$num2の値を画面に表示しています。「7 + 1」の計算結果「8」が$num2に代入されていることが確認できます。

   15:echo '$num2 + 1 = ' , $num2;

 うまくできたでしょうか?続いて配列変数を使った計算のプログラムも見てみましょう。

配列変数の値を利用して計算を行うプログラム

 配列変数に格納された値を使って計算を行い、その計算結果をWebブラウザに表示して確認してみましょう。

ソース・フォルダ:myproj_super_intro/ch08
ファイル名   :useArrayCalc.php
アクセスURL   :http://localhost/myproj_super_intro/ch08/useArrayCalc.php

➢ useArrayCalc.php

<?php
	//配列変数に3つの値を用意
	$nums = array(1,3,5);

	//配列の要素を3つ全て足す
	$ans = $nums[0] + $nums[1] + $nums[2];
?>
<html>
	<head>
		<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">
	</head>
	<body>
	<?php
		echo $nums[0] , ' + ' , $nums[1] , ' + ' , $nums[2] , ' = ' , $ans;
	?>
	</body>
</html>

実行結果

解説

 3行目では6章で利用したarray関数を使って、配列名$numsに3つデータを作成しています。

   3:$nums = array(1,3,5);

 6行目で配列$numsの各要素の値を利用して足し算を行い、その計算結果を変数$ansへ代入しています。配列変数の各要素も通常の変数と同じように、コピーした値を計算に利用しています。

   6:$ans = $nums[0] + $nums[1] + $nums[2];

図 8.2.3 変数同士の計算結果を代入

 14行目で配列変数の各要素を使った計算結果を画面に表示しています。実行結果からも分かるように配列の各要素と計算「1 + 3 + 5」の結果「9」が正しく表示されていることが確認できます。

   14: echo $nums[0] , ' + ' , $nums[1] , ' + ' , $nums[2] , ' = ' , $ans;

◉ポイント

・ プログラムでは、変数や配列変数を使って計算が行える。
・ 変数を計算に使う場合、値をコピーして使うのでもともとの変数の値に影響は出ない。

NEXT>> 8.3 本章のまとめ

PHP超入門テキスト 目次

ご不明点はお問い合わせフォームからご連絡ください。

セミナー一覧

法人向けプログラミング研修

Java、PHPの社員研修|新人研修

ワードプレス講座も人気!

ワードプレス講座も人気!

PHP超入門テキスト 目次

セミナー担当講師

PHPセミナー講師紹介

主席インストラクター
早稲田大学大学院 理工学部卒業
SanJose 州立大学、コンピューター工学部卒業
アメリカのシリコンバレーでは、プログラマー・SEとして活躍
講師の詳細はこちら

投稿一覧

お知らせ

オンラインのWeb講座、開始しました!

お待たせいたしました、全国どこからでも受講可能なオンラインによるWeb講座が開始しております! こちらをご覧く …

ご予約について

神田ITスクールでは、 新型コロナウイルス感染拡大防止の為、 5月以降は定員3名で開催する予定です。 開催日程 …

PHP超入門セミナー、3月分のご予約受付中です!

”1日で学ぶ”PHP超入門セミナー!3月分のご予約を受付中です! 受講者の皆さんの理解度を確認しながら進めます …

2020年1月開催のPHP超入門セミナー、ご予約受付中です!

ただいま、神田ITスクールでは、2020年1月開催の「PHP超入門」講座のご予約を受付中です! ご好評につき、 …

年内のセミナーについて

神田ITスクールの1日セミナー、 「PHP超入門」「PHPとMySQLでWeb開発入門」ですが、 申し訳ありま …

PAGETOP
Copyright © 2015 FusionOne Co.,Ltd. All rights reserved.